(10)ぎふ清流国体

 平成28年秋に二巡目の岩手国体が開催される。北上市は開・閉会式のほか、陸上、ソフトテニス、新体操やバドミントン競技の会場になっており、実行委員会を立ち上げ、準備作業に取り掛かることとなった。早速、ぎふ清流国体の開会式を事務局と視察した。会場は岐阜駅からバスで15分ほどの長良川競技場で、各種スポーツ施設が集まった県営運動公園である。オープンスペースには、イベントステージや物産展などが設営され、関係者を含めて5万人ほどで賑にぎわっていた。昼食の二色カレーのために30分は並んだだろうか。入場チェックは相当厳しく、ペットボトルや缶類は持ち込み禁止、バッグの中身をチェックされ、視察団専用席に着いた。フィールドでは多くの団体が集団演技を行っていた。「輝け はばたけ だれもが主役 心をひとつに 日本再生」のスローガン通り、圧倒される参加人数である。少林寺拳法の演技では幼児からお年寄りまで数百人が息の合った演技を見せてくれ、カラフルなT シャツを着た女性たちは華やかなマスゲームを披露するなど、まさしく県民総参加の歓迎であった。ゆかりのタレントで海猿の主演、伊藤英明さんが開会前プログラムのMCを務め、女子マラソンの高橋尚子さん、由紀さおりさんらがトークや歌で大いに盛り上げた。実は、47年前の炬火リレーの最終ランナーは今の岐阜県知事であり、今回もリレーに参加した。最終ランナーに手渡すシーンでは大きな歓声が上がっていた。 改めて4年後のことを考えた。東日本大震災からの復興をアピールする大会として、インターハイなどの大きなイベントを成功させてきた北上市民として、大いにホスピタリティーを発揮し、全国民が感動する素晴しい開会式にしたいものである。

 北上市長 髙橋敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日