(1)スキーと蕎麦(そば)と温泉と

 大好きな山に登らなくなったのは十数年前。以来、仕事とNPO活動に明け暮れてきたような気がする。 

 登山の楽しみの一つに珈琲ブレイクがある。山でいただく珈琲は最高である。そして、そのちょっとした時間に見える景色、登ってきた道、これから歩く道のことを考えることも良い。

 それは市政にも言えるかもしれない。時々立ち止まりながら進むべき道を誤らないように考えることも大切だ。今回からの連載「珈琲ブレイク」では、その時々に私がふと考えた事や行動したことをお伝えしたい。ぜひご笑覧いただきたい。

  さて、登山と同様に、スキーもここ十数年行っていなかった。先般、北上スキーをこよなく愛する会の三浦会長さんから、北上市は夏油高原スキー場のオーナーだから、オーナーがスキーに行かないようではだめだ、とお叱りを受けた。考えてみれば、なるほどなと思い、カミさんを誘ってスキー場へ行ってみた。なんとかスキー靴の履き方やリフトの乗り方は覚えていた。恐る恐る滑り出したら、なんとびっくり、結構滑れるものだ。調子に乗ってけがでもすれば皆さんに何を言われるか分からないので、その日は三本でやめて帰った。

 翌週、今年2回目の夏油へ。何本か滑った後で温泉に入り、おいしいお蕎麦をいただいた。こんなゆったりとした楽しみ方もいいものだ。ちょっとでもスキーの経験があれば、年齢に応じたいろいろな楽しみ方があると思う。ぜひ、夏油に来てスキーや温泉を楽しんでいただきたい。

 この日は、東日本大震災の大津波で被災した気仙沼市から、多くの子どもたちが招待されていた。ほんのひとときでも楽しい時間を過ごしてくれたのであれば幸いである。

 北上市長 髙橋敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日