(47)「まち育て」全国に発信

 身近な事柄に目を向け、守り育てる、当市の「まち育て」活動が、全国表彰など、各方面から評価を得ている。

 「岩崎地区青年会虹色の会“絆”」は2013年度全国地域青年「実践大賞」の全国青年団OB会奨励賞を受賞している。メンバーは200人を超え、夫婦での参加も多く、皆、自由な発想で、楽しみながら活動している。若者の参加が少ない地域は、ぜひ参考にされたい。なお、彼らは2014年度全国青年団教宣コンテストユニフォーム部門でも全国1位に輝いている。

 黒沢尻西地区自治協議会は、児童の放課後の安全安心な居場所づくり事業「はばたき子ども広場」で、文部科学大臣表彰を受賞した。小学校の空き教室などを生かして、遊びの指導、体験学習などを行っている。今年で10年目となるが、地域ぐるみの子どもの居場所づくりが評価されている。

 煤孫1区自治会は、「古館神社展望公園」景観整備を通じた地域づくりで、公益財団法人あしたの日本を創る協会の平成27年度あしたのまち・くらしづくり活動賞の振興奨励賞を受賞している。戦国時代にこの地一帯を治めた、和賀氏家臣団のひとりである煤孫氏の居城跡を住民の手で公園化し、歴史文化の学習の場を創ろうとしている。

 藤根地区自治協議会は、北上平和記念展示館や藤根遺族会などと協力し、戦後70年平和記念事業として後藤野にある岩手陸軍飛行場(通称後藤野飛行場)ジオラマを製作。また、講演会や祈念誌などで戦争の悲惨さ、平和の尊さを唱える活動を展開し、北上平和記念展示館を通した「まち育て」をねらう。

 このような活動はまだまだあり、市民のプライドを育てている。人口減少時代にあっても、地域に「まち育て」がある限り、地域が衰退することは絶対に無いだろう。

 北上市長 髙橋敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日