(51)あじさい都市のライフスタイル

 先般、東北大学主催の「未来の暮らし方を育む泉の創造」シンポジウムが伊勢志摩で開催され、講師として参加させていただいた。シンポジウムの趣旨は、2030年ごろのエネルギー不足、人口減少、食糧不足などのさまざまな環境制約下でも心豊かな生活を送ることができる、持続可能な「まち」をめざして、新しいライフスタイルを研究提案しようというものである。

 本市では、未来の持続可能な「まち」の姿を「あじさい都市」と名付け、すでに公共交通の再構築やエネルギー政策、出産・子育て環境や連携型地域産業政策を展開しており、このシンポジウムの中で、めざしているライフスタイルを紹介させていただいた。

 「あじさい都市」は16の地域コミュニティーがそれぞれの地域資源を生かして輝き、活力を維持し続ける事が大きな狙いであり、どこでも多様なライフスタイルが選択できる事を理想としている。ポイントはいくつかあるが一つ目は職住近接であり、兼業を可能にし、時間的なゆとりと経済的な豊かさを生み出す。二つ目は三世代近居であり、子育て世代の負担軽減と地域教育力の向上を狙う。三つ目は楽しみの選択肢の多様さであり、多様な自己実現を可能にする。四つ目は地域の食材を使った安全で豊かな食文化と健康。五つ目が「まち育て」で、地域においてライフステージに見合った居場所が見いだされる。

 現在、当市が取り組んでいるライフスタイルデザインプロジェクトでは、さまざまなライフスタイルが提案されつつあるが、まだまだ一部の取り組みに過ぎない。今後、多くの市民の参加を得てこの取り組みを進める事によって「あじさい都市」から生まれるライフスタイルをもっと多様に、もっと豊かにしていきたいと考えている。

 北上市長 髙橋敏彦

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

都市プロモーション課 広報コミュニケーション係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8230
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日