「地方行政」にきたかみ世界塾の取組みが掲載されました

 時事通信社が発行する「地方行政」では、自治体と民間(企業、大学、NPО団体など自治体以外のすべての主体)が連携・協力して地域づくりを進める公民連携について、その意義や実例などを令和元年5月30日から「木曜連載『公民連携の可能性』」と題し、連載しております。

 今般、この連載のなかで、北上市と県立黒沢尻北高等学校、いわてNPО-NETサポートとの協働による、高校生が主体的に地域課題を捉え、解決するためのアクションを考える地域課題解決プログラム「きたかみ世界塾」の取組みが記事として掲載されましたのでご紹介します。

掲載概要

 令和元年7月4日第10900号に掲載された概要は、次のとおりです。

1 題 名 高校と北上市の協働による次世代のまちづくり人材の育成

2 執筆者 牧瀬 稔 氏(関東学院大学法学部准教授、社会情報大学院大学特任教授)

       綱川 高志(北上市企画部政策企画課政策推進係長)

3 掲載項目  1.北上市の概要

       2.あじさい都市のまちづくり

       3.協働によるまちづくり

       4.「きたかみ世界塾」の躍動

       5.将来への期待

この記事に関するお問い合わせ先

政策企画課 政策マーケティング係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎2階
電話番号:0197-72-8229
ファクス番号:0197-63-7023

メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年09月06日