北上市について

市の歴史・概要

和賀川を上から眺めた風景

 北上市は岩手県の中央部、北上盆地の中程に位置しています。北上川と和賀川が合流する肥よくな土地に美しい田園地帯が広がり、西に奥羽、東に北上山系の山々が連なる豊かな自然に恵まれています。

古くから交通の要衝として栄え、物資の往来も盛んでした。現在では東北新幹線や東北縦貫自動車道、東北横断自動車道秋田線などの高速交通網が整備され、「北東北の十字路」として交通の利便性はさらに高まっています。

製造所事業者数、製造品出荷額、農業産出額は県内上位にあり、農業と工業のバランスが取れた活気あふれる都市として注目を集めています。

市章

北上市の市章

 北上市の「北」を躍動感あふれる表現で意匠化しました。水と緑に包まれた北上市発展の願いが込められています。

市の花「しらゆり」

市の花 白百合の画像

 清楚な美しさ、生命力の強さは市の発展を象徴しています。また、全国的に知られる「北上夜曲」の詩の中にも唄われているなど、北上市のイメージにふさわしい花です。

市の鳥 「きせきれい」

市の鳥 キセキレイの写真

 清らかな水の流れを好む益鳥です。「いつまでも"きせきれい"が生息できるような自然環境を大切にしていこう」という願いが込められています。

市の木「さくら」

市の木 桜

 市内各地に見ることができ、市民にとってはもっとも身近な木です。春、北上市立公園展勝地で咲き誇る約一万本の”さくら”は、北上市の象徴といえます。

産業

 広大な北上平野の中央に位置する北上市は、稲作、野菜、花き、畜産など、さまざまな生産に取り組み、総合食料供給基地を自負する岩手県において、その拠点として重要な役割を担っています。また、岩手県が設置している生物工学研究所や農業研究センターと一体となり、バイオテクノロジーの導入や環境の保全に配慮した農業の研究を進めるなど、先端技術を取り入れた農業を展開しています。

 工業では岩手県内ではもっとも早い時期から工業団地造成や企業誘致に取り組んできた結果、現在は半導体や自動車のほか、機械、パルプ、食品、医薬品など、幅広い業種の企業が立地する県内トップの工業集積を誇る都市に発展しています。

農業

 農業産出額は岩手県内で上位に位置し、地域条件に合った効率の良い農業を行っています。特産品として二子さといも、グリーンアスパラガス、リンゴ、大豆などが出荷されています。その中でも二子さといも、グリーンアスパラガスの出荷は県内一で、新たな名物として注目されている「北上コロッケ」にも使用されています。また、ブランド牛「きたかみ牛」は畜産農家の情熱と高い肥育技術、そして恵まれた自然環境により、日本でも最高水中のおいしい牛肉として販路拡大にとりくんでいます。

工業

 先進的な企業誘致の取り組みにより、製造品出荷額、付加価値額、従業員数は県内上位に位置し、東北有数の工業集積地となっています。

 平成23年度からの新しい「北上市工業振興計画」に基づき、多種多様な企業の誘致、中小企業の技術力向上や新分野参入、子どもから企業在職者まで幅広い層を対象とするものづくり人材の育成などに、関係機関と連携して取り組んでいます。

姉妹都市・友好都市

北上市が姉妹都市・友好都市として提携している都市を紹介します。

コンコード市

姉妹都市 米国カリフォルニア州コンコルドの都市

 (アメリカ合衆国カルフォルニア州) 人口12万2千人の湾岸地区にある商工業都市です。東京在住の北上出身者がコンコード市の市長およびテレビ局社長と面識があったこと、また、文化・環境面でも多くの共通点があったことから、昭和49年に姉妹都市の提携を結びました。以来、産業視察団や交換留学生の行き来が盛んです。また、当市が誇る伝統芸能”鬼剣舞” の代表が、コンコード市で公演するといったこともしており、友好活動・親善活動を積極的に行っています。

柴田町(宮城県柴田郡)

姉妹都市 宮城県柴田郡柴田町の桜の写真

 藩政時代の城下町。人口3万8500人、東北最大の「町」です。桜の名所・船岡城址公園が有名。近年は、仙台市の衛星都市として発展。工業団地も整備され近代化が進んでいます。当市とは、悲劇の武将・原田甲斐(1671年に起こった伊達騒動の中心人物)の家来が当市口内町に住んでいたという歴史的なつながりがあります。昭和55年、姉妹都市となりました。

三門峡市(中華人民共和国河南省)

姉妹都市 中華人民共和国河南省三門峡市

 昭和53年、北上市日中友好協会が発足して以来、訪中団を派遣。また、中国河南省人民政府の要人を招聘するなど、相互で交流活動を続けたのがきっかけで、昭和60年、友好都市締結となりました。三門峡市は人口224万人。工業と農業の発展した大都市です。当市とは特に、リンゴ栽培研修生の受入れ、スポーツ少年団の相互訪問といった人的交流が活発です。

石垣市(沖縄県)

姉妹都市 沖縄県石垣市の青空に緑の山が映える画像

 観光と農業が主な産業で、周囲が美しいサンゴ礁に囲まれた日本最南端の市です。人口4万8000人。平成25年の新石垣空港開港により、多くの観光客が訪れています。平成5年の岩手県大冷害の際、石垣市の種籾増殖支援を契機に”かけはし交流”が行われ、当市とは、石垣島マラソン大会といわて北上マラソン大会へ相互出場等の交流が行われています。平成26年1月、友好都市提携により、今後、様々な交流への発展が期待されています。

更新日:2019年02月28日