福祉ふれあいホットライン事業

1 事業概要

福祉ふれあいホットラインにより、在宅のひとり暮らし老人等の安全の確保と不安の解消を図り、地域のふれあいを深めることにより、福祉の増進に寄与することを目的としています。ひとり暮らしの高齢者等に、緊急通報装置(機器本体・ペンダント型発信器・火災センサー)を無料で貸与し、設置します。

 

P1050201.JPG

 

2 対象となる方

市内に居住する者で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1)ひとり暮らし老人(65歳以上)

(2)老人世帯(65歳以上)で、いずれかが病弱な者

(3)寝たきり老人(65歳以上)

(4)ひとり暮らしの重度身体障害者

(5)福祉事務所長が特に認める者

*病弱なため見守りが必要な方(慢性的な疾患などにより、日常生活の中で常に注意を要する方)や、緊急時に自分で通報することや避難することが困難な方を優先とします。

*高齢者に利用していただく事業です。家族の就労等の事情で、日中のみ高齢者という場合は対象となりませんのでご注意ください。

 

3 ご利用方法

福祉ふれあいホットラインを利用したい方は、各地区におられる民生委員さんにご相談下さい。民生委員さんが、「福祉ふれあいホットライン利用申請書」を、市役所長寿介護課17番窓口に提出します。

 

4 緊急通報装置のしくみ

(1)利用者はペンダント等の緊急ボタンを押すと、直接北上消防署へ自動発信されます。

(2)北上消防署から折返し、容態の確認の電話を入れ状況の確認をします。

(3)状況に応じ、あらかじめ登録した近隣協力員に連絡し、状況の確認を依頼します。

(4)緊急事態及び応答がない場合は、消防署の救急車が出動します。

*火災センサーの場合も同様となり、消防署の消防車が出動します。

 

5 協力員の登録について

利用申請時に、協力員(親族でも可)を少なくとも1名登録していただきます。協力員の役割は、利用者が緊急通報した場合又は火災センサーで異常を感知した場合、本人応答がない場合に北上消防署より状況確認の連絡が入ります。

 

6 注意事項

(1)緊急時に対応可能な近隣協力員を、なるべく2名以上登録してください。

(2)ペンダントによる送信範囲は設置場所の周辺部分(おおむね20~30メートル)のみとなります。これを超える部分については、送信不能となりますのでご注意ください。

(3)NTTの電話回線を使用します。自宅に電話機がない場合は設置出来ません。

●転居や施設入所等により装置が不要の場合には取り外しますので、その際はすみやかに長寿介護課まで連絡くださるようお願いします。その際、「無線ペンダント」も返却していただきます。

 

協力員・民生委員さんへ

○緊急通報があり、何度電話しても通じない時、安否や行き先をおたずねすることがあります。

○利用者ができないちょっとした日常生活上のお手伝いをお願いすることがあります。(電源コンセントが抜けていないかの確認等)

○協力員さんや民生委員さんの存在は当事業で欠かせないものとなっております。利用者にとっても、安心できるものとなりますので、どうぞご協力をお願いします。

 

関連書類のダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

長寿介護課 高齢福祉係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎1階
電話番号:0197-72-8217
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年03月05日