企画展「地獄の歩き方、極楽への生き方」を開催します

地獄の歩き方極楽への生き方

本展では、地獄の恐ろしい世界や鬼を紹介し、現世で人々が極楽浄土へ向かうために行う民間信仰等についてご紹介します。

開催期間

令和2年11月7日(土曜日)~令和3年2月14日(日曜日)
開館時間 午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

11月22日(日曜日)は大乗神楽大会開催のため、午前9時から午後1時30分まで企画展をご覧いただけません。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。


開催期間中の休館日
11月27日(金曜日)~11月30日(月曜日)                                                            12月から会期末までの月曜日                                                                       12月28日(月曜日)~1月4日(月曜日)                                                               1月12日(火曜日)、1月13日(水曜日)、2月12日(金曜日)

会場

北上市立鬼の館 企画展示室

観覧料

一般500円、高校生240円、小中学生170円

20名以上は団体割引が適用されます。

奥州市、北上市、西和賀町、金ケ崎町に居住する小中学生は無料です。

展示のみどころ

恐ろしい地獄の世界を描いた「地獄絵掛図」を公開します。
岩手県内のお寺で所蔵していた「地獄絵掛図」を公開します。激しい炎を吹くどう猛な龍や鬼が、亡くなった人々を苦しめる地獄の最下層「阿鼻地獄」の様子や、生前の悪行を指摘する閻魔王などをご覧いただけます。

地獄のイメージを浸透させ、極楽往生を願う人々に影響を与えた「平かな絵入往生要集(嘉永再刻本)」を公開します。
平安時代中期、地獄やそれ以外の穢れた世界、極楽浄土の世界などを説いた「往生要集」が誕生し、江戸時代になると絵や和字が付けられた版本が出版され、人々に地獄や極楽のイメージが伝わりました。本展では、明治時代に出版された「平かな絵入往生要集(嘉永再刻本)」を公開します。なお、会期中は展示替えを行います。

地獄の世界と極楽を望む民間信仰等を学べる「地獄極楽ガイドブック」を配布します。
地獄と極楽について楽しく学べる見学補助シート「地獄極楽ガイドブック」を配布します。参加者には、記念品を贈呈します。

会期中の展示替え

「平かな絵入往生要集」は、会期中展示替えを行います。                                                     前期 11月7日(土曜日)~12月27日(日曜日)                                                  後期 1月5日(火曜日)~2月14日(日曜日)

見学にあたっての注意事項

新型コロナウイルス感染症の影響により、急きょ開催内容を変更する場合があります。お出かけ前に、ホームページや電話でご確認の上、ご来館ください。

この記事に関するお問い合わせ先

北上市立鬼の館

〒024-0321
岩手県北上市和賀町岩崎16地割131
電話番号:0197-73-8488
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2020年10月16日