スプレー缶やカセットボンベの捨て方について

 北上市では、ごみ処理施設やごみ収集車の火災事故を防ぐため、スプレー缶やカセットボンベは使い切ってから穴を開け廃棄することをルールとしています。

 スプレー缶を廃棄する際は、次のことに注意して行ってください。

スプレー缶の廃棄方法

1.ガスが充満しないよう、屋外で作業をしてください。

2.引火を防ぐため、周囲に火気がないことを確認してください。

3.中身は必ず使い切るか、ガス抜きキャップを使用し中身を空にしてください。

4.穴開け器を使用しスプレー缶に穴を開け、完全にガスを抜いてください。

ごみの分別について

 穴開けしたスプレー缶は、きれいな状態のものは「資源ごみ」、汚れが付着しているものや中身がガス以外のものは「不燃ごみ」として分別するようご協力をお願いいたします。

【資源ごみ】

 (例・・・エアゾール缶、カセットボンベ、殺虫剤等)

【不燃ごみ】

 (例・・・ムース缶、塗料缶等)

この記事に関するお問い合わせ先

環境政策課 ごみ減量係

〒024-8502
岩手県北上市上江釣子17-201-2江釣子庁舎1階
電話番号:0197-72-8284
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日