飼い犬による事故防止について

犬による咬傷事故が毎年発生しています。

 

平成19年度から25年度までの全国咬傷事故件数の推移
平成25年度の噛傷犬の状況

(データ出典:環境省)

咬傷犬は、飼い犬が全体の99%(飼い主不明を含む)を占めています。

咬傷事故は、人命に関わる重大な事故につながることもあります!

犬を飼う上での留意事項

  • 飼い犬は、人の生命、身体又は財産に危害を及ぼさないように、係留(飼い犬を丈夫な鎖、綱若しくはひもでつなぎ、又はおり、さくその他の囲いに 入れて飼養をすること)し、適正に飼養する。
  • 飼い犬による咬傷事故等が発生した場合は、直ちに適切な応急処置及び新たな事故の発生を防止する措置を講ずるとともに管轄保健所に届け出る。

飼い主一人ひとりがルールを守り、 周囲への配慮を行い、 咬傷事故をなくしましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

環境政策課 環境企画係

〒024-8502
岩手県北上市上江釣子17-201-2江釣子庁舎1階
電話番号:0197-72-8281
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2019年02月28日