税の軽減手続き(ふるさと納税ワンストップ特例制度)

ふるさと納税ワンストップ特例制度

平成27年4月1日から、給与所得者等が寄附を行う場合に簡素な手続きで確定申告が不要となる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。

特例制度の適用を希望する方は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、寄附をした翌年の1月10日までに産業雇用支援課あて郵送してください。(令和3年1月1日~12月31日までに御寄附された方でワンストップ特例制度を希望される方は令和4年1月10日までに提出)

提出時には、個人番号(マイナンバー)が記載された書類及び身元が確認できるものの写しも同封してください。

なお、「整理番号」欄は市記入欄ですので、空欄のままで提出をお願いします。

特例の適用を受けられる方は以下のとおりです。

  1. 所得税の確定申告書及び住民税の申告書を提出する必要がない方(年末調整を受けていてその事業所等からの給与以外に収入がない給与所得者等)
  2. 地方公共団体への寄附が5団体までの方

既に申請書を提出している方で、翌年1月1日までに記載内容(住所・氏名・電話番号)が変更になった場合は、変更届出書の提出が必要です。

提出時には、新氏名や新住所が記載されている公的機関が発行した書類(住民票や運転免許証など)の写しを同封してください。

送付先

〒024-8501 北上市芳町1番1号 北上市役所産業雇用支援課宛て

受付状況確認方法

本市では、ワンストップ特例申請書の受付連絡をメールにてご連絡しております。

また、ワンストップ特例申請の受付状況の確認には「ふるまど」をご利用ください。

「ふるまど」では、ワンストップ特例申請書受付状況の確認の他、申請書のダウンロードも可能です。

ふるまどQRコード

ふるまどQRコード

寄附金にかかる税の軽減手続き

  • 寄附した年の翌年度分の住民税から、寄附金控除額が控除されます。所得税については、現年分から控除されます。
  • 寄附金控除を受けるためには,地方公共団体(北上市など)が発行する領収書(北上市の場合は、「寄附金受領証明書」を発行しています。)を添付して確定申告を行っていただく必要があります。 

(注意)

  • 所得税の確定申告を行う場合は、個人住民税の申告は不要です。
  • 個人住民税の寄附金税額控除だけを受けようとする場合には,お住まいの市区町村に簡易な申告書(「寄附金税額控除申告書」)を提出してください。

寄附金控除の詳細については、お住まいの市区町村役場税務担当課にお尋ねいただくか、北上市役所財務部市民税課0197-72-8209(直通)にお問い合わせください。

関連サイトへのリンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業雇用支援課 産業連携係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎3階
電話番号:0197-72-8236
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2021年08月04日