森林環境譲与税の使途公表

1 森林環境譲与税の概要

 平成31年3月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が成立し、これにより、「森林環境税」(令和6年度から賦課開始)及び「森林環境譲与税」(令和元年度から譲与開始)が創設されました。

 森林環境譲与税は、納税者から国に集められた森林環境税を財源に、市町村や都道府県に一定の基準に基づき譲与され、森林の整備及びその促進にかかる施策の財源に充てることとされています。

2 北上市における森林環境譲与税額

令和2年度の北上市における森林環境譲与税額は、18,406千円でした。

森林環境譲与税は、私有林人工林面積(10分の5)、林業就業者数(10分の2)、国勢調査人口(10分の3)に基づき按分され、市町村や都道府県に譲与されています。

3 森林環境譲与税の使途

 森林環境譲与税を活用して、森林経営管理事業の実施計画の策定や、林地台帳の更新等を実施しました。

 また執行残額については、令和元年12月に設置した北上市森林環境譲与税基金に積み立てし、次年度以降の事業に活用することとしました。事業の概要及び事業費等については別紙のとおりです。

この記事に関するお問い合わせ先

農林企画課 農地林務係


〒024-8501
岩手県北上市芳町1-1本庁舎3階
電話番号:0197-72-8237
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2021年11月30日