お子様の予防接種のお知らせ

定期予防接種について

 北上市では予防接種法に基づき、以下の予防接種を行っています。対象のお子様には、市より接種通知書・予診票が郵送されますので母子手帳とあわせて医療機関にご持参のうえ、接種を受けてください。

 なお、予防接種ごとに無料の対象や接種間隔が異なりますので、医療機関等とご相談のうえ、余裕をもった接種スケジュールを立てていただくようお願いいたします。

ロタウイルス

 【対象者】

 ・1価(ロタリックス):生後6週から24週に至るまで

 ・5価(ロタテック):生後6週から32週に至るまで

 【標準的な接種期間】

 ・1価(ロタリックス):生後6週から24週に至るまでに27日以上の間隔で2回

 ・5価(ロタテック):生後6週から32週に至るまでに27日以上の間隔で3回

  注釈)1回目の接種は、生後14週6日までに行いましょう。

 

B型肝炎

 【対象者】

  1歳未満

 【標準的な接種期間】

  • 初回:生後2か月から9か月に至るまでに27日以上の間隔で2回
  • 追加:初回1回目の接種終了後139日以上の間隔をおいて、生後2か月から9か月に至るまでに1回

Hib感染症

 【対象者】

  生後2か月~5歳未満

 【標準的な接種期間】

  • 初回:生後2か月から7か月に至るまでに27日以上の間隔で3回
  • 追加:初回接種(3回)終了後7か月から13か月の間隔をおいて1回                       

小児肺炎球菌感染症

 【対象者】

  生後2か月~5歳未満

 【標準的な接種期間】

  • 初回:生後2か月から7か月に至るまでに27日以上の間隔で3回
  • 追加:初回接種(3回)終了後2か月以上の間隔をおいて、生後12か月から15か月に至るまでに1回

結核(BCG)

 【対象者】

  1歳未満

 【標準的な接種期間】

  • 生後5か月から8か月に至るまでに1回

四種混合

 【対象者】

  生後3か月~7歳6か月未満

 【標準的な接種期間】

  • 第1期初回:生後3か月から12か月に至るまでに20日以上の間隔で3回
  • 第1期追加:初回接種(3回)終了後12か月から18か月の間隔をおいて1回

麻しん風しん

 【対象者】

  • 第1期:1歳~2歳未満
  • 第2期:年長児相当

 【標準的な接種期間】

  上記対象者に同じ(期間内に1回ずつ接種)

水痘

 【対象者】

  1歳~3歳未満

 【標準的な接種期間】

  • 初回:1歳から1歳3か月に至るまでに1回
  • 追加:初回接種終了後6か月から12か月の間隔をおいて1回

日本脳炎

 【対象者】

  • 第1期初回:生後6か月~7歳6か月未満
  • 第1期追加:生後6か月~7歳6か月未満
  • 第2期:9歳~13歳未満

 【標準的な接種期間】

  • 第1期初回:3歳から4歳に至るまでに6日以上の間隔で2回
  • 第1期追加:初回接種(2回)終了後6か月以上の間隔をおいて、4歳から5歳に至るまでに1回
  • 第2期:9歳から10歳に至るまでに1回

二種混合

 【対象者】

  小学校6年生

 【標準的な接種期間】

  11歳から12歳に至るまでに1回

子宮頸がん予防

 【対象者】

  小学校6年生~高校1年生相当の女子

 【標準的な接種期間】

  13歳となる日の属する年度の初日から末日までに3回

 【備考】

 子宮頸がんワクチンは、平成25年4月1日より定期予防接種として実施しているところですが、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な激しい疼痛や運動障害が接種後にみられる事例があったことから、同年6月14日から国において適切な情報提供が可能となるまでの間、積極的勧奨を控えていました。

 しかし、令和3年11月26日に、最新の知見を踏まえ、改めて子宮頸がんワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認めたことから、積極的な勧奨が再開されました。

 対象の方(小学校6年生から高校1年生に相当する年齢の女子)で接種を希望される場合には、無料で接種していただくことが可能ですので、担当課までお問合せください。なお、「子宮頸がんワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(下記リンク参照)」をお読みいただき、有効性とリスクを理解した上で接種するようお願いします。また、接種された場合は、接種後に「子宮頸がんワクチンを受けるお子様と保護者の方へ(下記リンク参照)」をお読みください。

新型コロナウイルス感染症対策状況下での予防接種について

 現在、新型コロナウイルス感染症対策が全国的に行われておりますが、厚生労働省では次の観点から子どもの予防接種を「不要不急」ではないとしています。

・予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められており、ワクチンで防げる感染症の発生及びまん延を予防する観点から非常に重要である。

・特に、生後2か月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった免疫が減っていくときに、赤ちゃんがかかりやすい感染症から赤ちゃんを守るために大切である。

 予防接種は遅らせずに、予定どおり受けましょう。

今までの予防接種記録を知りたいときは

 北上市に住民登録をされている間に行った定期予防接種に関しては、市で記録を保管しております。接種記録を知りたい場合は、事前に電話でお問合せください。

 

申請の際は、下記のものを持参のうえ、健康づくり課の窓口へお越しください。

  • 本人が申請する場合
    本人の身分証明書(健康保険証等)
     
  • 代理人が申請する場合
    代理人の身分証明書及び被接種者の身分証明書

 

日本脳炎ワクチンの供給状況について

 現在、全国的に日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少しています。

 それに伴い、当市においても令和3年度及び令和4年度の接種通知書送付対象者を次のとおり調整します。

 

▼令和3年度の接種通知書送付対象者について

第1期初回(満3歳) 

・平成30年度生まれのお子さん

第1期追加(満4歳)

・接種通知書は送付しませんが、特別な事情(医師の判断で早めの接種が必要となった場合等)がある場合は、健康づくり課へお問合せください。 

第2期(満9歳)

・接種通知書は送付しませんが、特別な事情(医師の判断で早めの接種が必要となった場合等)がある場合は、健康づくり課へお問合せください。

特例対象者(高校3年生相当年齢)

・平成15年度生まれのお子さん

 

▼令和4年度の接種通知書送付対象者について

第1期初回(満3歳)

・平成31年度生まれのお子さん

・令和元年度生まれのお子さん

第1期追加(満4歳、満5歳)

・平成29年度生まれのお子さん

・平成30年度生まれのお子さん

第2期(満9歳、満10歳)

・平成24年度生まれのお子さん

・平成25年度生まれのお子さん

特例対象者(高校3年生相当年齢)

・平成16年生まれのお子さん

 

 北上市内一部医療機関においても、ワクチンが不足している状況です。接種する場合には、事前に医療機関へお問合せされることをお勧めします。

 お子様、保護者様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

健康づくり課 健康係


〒024-0092
北上市新穀町一丁目4番1号 ツインモールプラザ西館2階 hoKko
電話番号:0197-72-8295
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2021年12月23日