令和3年版環境報告書を作成しました

令和3年版環境報告書を作成いたしましたので、公表いたします。

環境報告書とは、北上市の環境施策の実施状況等をまとめたもので、北上市環境を守り育てる基本条例に基づき毎年度作成、公表しているものです。

令和3年版環境報告書では、令和2年度の進捗状況についてまとめました。

 

令和3年版環境報告書の概要

  • 基本目標1「健康で安全・快適に暮らせるまち」

地下水の調査のうち、2地点で砒素、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素が環境基準を超過しました。

大気中の光化学オキシダント濃度の年間平均値は環境基準を達成しましたが、1時間値が環境基準を超過した時間が年間74時間ありました。

一般交通騒音、一般環境騒音、新幹線鉄道騒音は、騒音の環境基準を達成できない地点がありました。

その他の水、大気、騒音、土壌、化学物質、生活環境においては良好な環境を維持しています。 

  • 基本目標2「恵み豊かな自然と共に生きるまち」

 市有林や民有林の間伐を10.1ヘクタール行いました。また、松くい虫対策としてくん蒸等を43平方メートル行いました。

農地保全のため、草刈、水路補修等の共同活動に対して支援及び助成を行いました。

市、交流センター、団体等において体験型イベントを開催し、自然に触れ合う機会を創出しました。

  • 基本目標3「環境負荷の少ない循環型のまち」

 ごみの総排出量は25,817トン、最終埋立量は1,209トンで、いずれも前年度より削減されました。

リサイクル率は16.1%で前年度を下回りました。

食品ロス削減のため、30・10運動に取り組み、協力店は19店舗でした。

農業用廃プラスチック等の不法投棄や野焼き防止のため、農業用廃プラスチック72,420キログラム、育苗箱48,674枚の回収作業を実施しました。

  • 基本目標4「地球の未来を考え行動するまち」

二酸化炭素排出量は(平成30年度)は、910,000トンで、一世帯あたりの年間二酸化炭素排出量は4.56トンで前年度より減少しました。

市内の太陽光発電量は3,573万キロワットアワーで、前年度より増加しました。

北上第1第2ソーラー発電所の発電量は約3,042万キロワットアワーで、6月の発電量が最も多く、1月の発電量が最も少なくなりました。

北上市役所地球環境にやさしい行動計画における取り組みでは、市の事務事業における温室効果ガス排出量は5,782トンでした。

北上市再生可能エネルギー活用推進計画における実績では、「家庭の電力相当分の再生可能エネルギー導入拡大」、「電力消費量の対家庭エネルギー自給率」の目標を達成しました。

降雪中の水素イオン濃度値(ph)は5.67で基準とされる5.6を上回りました。

  • 基本目標5「すべての人が連携して環境づくりに取り組むまち」

 環境やごみ関連の出前講座を15回実施し、235人が受講しました。

小学4年生799人がこどもと始める暮らしのエコチャレンジに取り組み、日常生活を通して環境との関りを学びました。

花いっぱい運動推進協議会により、花の種子及び苗の配布事業や花壇コンクールを開催しました。種子、苗を配布した団体は216団体、花壇コンクール参加団体は59団体でした。

公衆衛生組合連合会主催の地域清掃には、22,127人が参加しました。

過去の環境報告書

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

環境政策課 環境企画係

〒024-8502
岩手県北上市上江釣子17-201-2江釣子庁舎1階
電話番号:0197-72-8281
メールでのお問い合わせはこちら
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



更新日:2022年04月08日